2022年09月18日

9月18日礼拝「持てる力によって」第二コリント8:10〜15(8章)

9月18日礼拝「持てる力によって」第二コリント8:10〜15(8章)
昨今は、テレビや新聞で統一協会のことが取り上げられ、カルト宗教が政治と結びついたり、たくさんのお金を巻き上げたり、と批判されています。このような宗教がらみの問題が起きたとき、怖いのは、全ての宗教が同じだと考える人も出てきて、キリスト教への拒否反応のようなことになってくると、私たちが信仰生活を送ることにも否定的な目で見られかねないし、伝道することがますますやりづらくなってきてしまいます。キリスト教会は、そんなのとは違うんです、と主張しても、外部の人からは同じように見えてしまうかもしれない。そのような中で、献金ということを語るのも気をつけなければならなくなります。聖書は決して強制的な献金ということを教えていないのですが、むしろ献金の正しい意味を理解して、それが恵みでもあることを知ることが大切です。
なかなか、礼拝説教でも献金について触れることが少ないのですが、でも、こうして順番に聖書を開いてまいりますと、今日の聖書箇所のように献金という言葉が出てくる。その時にはきちんと献金についてお話しするのが良いと思うのです。ただ、以前にもお話ししたことですが、8章の10節にあります、「この献金」というのは、私たちが考える献金よりも、エルサレム教会への援助金、寄付金という働きですので、ここに書かれていることをそのまま私たちの献金に当てはめるというのではなくて、でも彼らがしていた献金の意味は私たちの献金に対しても大切なことを教えていると思います。それは、献金が神様のご計画に関わることだというメッセージです。いつものように三つのポイントに分けてお話ししてまいります。第一に「富む者とされた貧者」、第二に「神の国の経済学」。そして第三に「熱意と信頼の同労者」という順序で進めて参ります。
1.富む者とされた貧者(1〜10節)
1節から少し読んでまいります。
1 さて、兄弟たち。私たちは、マケドニヤの諸教会に与えられた神の恵みを、あなたがたに知らせようと思います。
2 苦しみゆえの激しい試練の中にあっても、彼らの満ちあふれる喜びは、その極度の貧しさにもかかわらず、あふれ出て、その惜しみなく施す富となったのです。
3 私はあかしします。彼らは自ら進んで、力に応じ、いや力以上にささげ、
4 聖徒たちをささえる交わりの恵みにあずかりたいと、熱心に私たちに願ったのです。

マケドニアの諸教会の中には、ピリピ教会やテサロニケ教会がありました。この地方は、アテネやコリントがあるアカヤ地方と比べるなら、地方の貧しい地域にある教会です。でも、彼らは貧しくはあっても、神様の恵みに応答して、エルサレムの聖徒たちを支える援助の働きに大胆に参加したのです。なぜパウロはコリント教会の人たちにマケドニアの諸教会のことを話したのでしょう。彼らがしているのだから、あなたたちはもっとすべきだというような、同調圧力ではありません。実は、10節を見ますと、10節後半に、「あなたがたは、このことを昨年から、他に先んじて行っただけでなく、このことを他に先んじて願った人たちです。」つまりコリント教会が言い出しっぺで、それを聞いた他の教会も、自分たちもその働きに参加しよう、と頑張っている、という話なのです。ところが言い出したコリント教会は、様々な問題が起きていたため、いつのまにか後回しになっていた。それをパウロは励まして、始めた働きをせっかくですから成し遂げるようにと手紙の中で何度も触れているのです。
マケドニアの諸教会は、2節にあるように、貧しい教会でした。極度の貧しさと書かれています。また激しい試練と書いているように、コリントだけでなく他の教会にも試練や問題があった。でも、彼らは、そのような状況にもかかわらず、神様の恵みに対して喜びが満ちあふれ、惜しみなく施す、と書かれているとおり、自らの力に応じて、時には力以上に捧げたのです。神様の救いの恵みは、私たちに感謝と喜びをもたらし、その喜びは試練の中にあっても消え失せるどころか、ますます光り輝くような喜びとなるのです。パウロは、コリント教会に人たちにも、この喜びを知って欲しい。そのために、まず彼らのプライドに訴えます。コリント教会は経済的に豊かな教会であり、知恵や信仰に関しても豊かだと彼らは思っていた。だったら、弱く貧しい教会以上に、その力を発揮できるのではないか。これはコリント教会から搾り取るということではなく、神様のために捧げ、神様の恵みに生きることで、彼らにも豊かな恵みが注がれて、かつての喜びを取り戻すようになること。パウロはそれを願っていたのです。豊かな恵みにすでに与っている彼らが、さらに愛に富んだ者となって欲しいと、彼らに訴えかけている。7節。
7 あなたがたは、すべてのことに、すなわち、信仰にも、ことばにも、知識にも、あらゆる熱心にも、私たちから出てあなたがたの間にある愛にも富んでいるように、この恵みのわざにも富むようになってください。
このパウロの勧めの背後にあるのは、キリストの恵みです。9節。
9 あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。
キリストは神の御子の位を離れて、地上で貧しい大工の子となり、石の枕に寝るような厳しい生活をした。それは、私たちが神様の救いの恵みに富む者となるためなのです。このことは、コリント教会だけではない。私たちも同じように、イエス様の恵みによって富む者としていただいたはずです。ですから、私たちも、このパウロの勧めに耳を傾けるのです。
2.神の国の経済学(11〜15節)
二つ目に、経済学と言いましても、この世界の経済に関しては、私は素人です。でも神の国の経済学は、聖書が私たちに教えているところです。13節から少し読みたいと思います。
13 私はこのことによって、他の人々には楽をさせ、あなたがたには苦労をさせようとしているのではなく、平等を図っているのです。
14 今あなたがたの余裕が彼らの欠乏を補うなら、彼らの余裕もまた、あなたがたの欠乏を補うことになるのです。こうして、平等になるのです。
15 「多く集めた者も余るところがなく、少し集めた者も足りないところがなかった」と書いてあるとおりです。

余っている者が足らない者に分け与えることで、みなが平等になる。これはまるで社会主義というか、富の再分配という経済学の話に似ています。ただ、聖書が違うのは、そこにも神様がおられる。神様が私たちに恵みを注ぎ、その恵みは全員に一律に同じものが与えられるのではなく、多い人も少ない人もいて、一見、不平等です。でも神の国は、個人主義ではない。むしろ愛によって支え合う共同体であり、弱い部分を支え合うキリストのからだです。ですから、あえて人によって多い少ないがあることで、その愛を実践できるようにしておられる。これが神様のご計画です。個人個人が満たされて、自分だけで生きるのではない。支え合うことでより強く結びあう。それは物質的な恵みが多くあるよりも素晴らしい恵みです。
私たちが持っているものは、元をただせば、神様から来ている。それを神様がどのように用いなさるか。でも、神様はそのお働きのために私たちを用いて、神のしもべとしてくださるのです。だから、聖書の中に捧げることを教え勧めている箇所がたくさんあるのです。決して、誰かが富を巻き上げるためではなく、教会の中で、また教会を通して、神の恵みの経済学が実践されるのです。
イエス様が「天に宝を」と教えたのも、地上の生涯が終わったあとの天国のためであると同時に、今の地上においても、教会が神の御国となることを考えておられ、その結果、「貧しい者は幸いである」という教えが成就するのです。地上にあって、もう天国は始まっている。それはあたり前では無く神様の奇蹟であり、それが教会の愛の関係において実現する機会となるのです。
3.熱意と信頼の同労者(16〜24節)
三つ目のポイントに移ります。11節、12節。
11 ですから、今、それをし遂げなさい。喜んでしようと思ったのですから、持っている物で、それをし遂げることができるはずです。
12 もし熱意があるならば、持たない物によってではなく、持っている程度に応じて、それは受納されるのです。

ここには、喜んでする、熱意を持ってすることが語られています。神の国の建設、またキリストのからだを建て上げる働きは、私たちが熱心にそれに取り組むなら、素晴らしく前進していきます。その熱心は、どこから来るのか。
大飢饉の影響で貧しくなっていたエルサレム教会を、異邦人教会が援助して支えるという計画は、コリント教会が始めたと聞いたマケドニア諸教会が、コリント教会の熱意を知って、自分たちもしたい、と進み出た。熱心に良い働きをしている人を見ると、応援したくなります。熱意は伝わるのです。今度は、マケドニア諸教会の熱心がコリントに遣わされたテトスを通して、火が消えかけていたコリント教会に燃え移る番です。他にもエペソを中心とする小アジア地方の諸教会も参加しています。でも、人間的な熱心には落とし穴があって、熱心の余り暴走したり、あるいは一時的な熱心が長い時間の中で消えてしまうこともある。熱心さだけでなく、もう一つ、信頼が大切です。
18節。
18 また私たちは、テトスといっしょに、ひとりの兄弟を送ります。この人は、福音の働きによって、すべての教会で称賛されていますが、
19 そればかりでなく、彼は、この恵みのわざに携わっている私たちに同伴するよう諸教会の任命を受けたのです。私たちがこの働きをしているのは、主ご自身の栄光のため、また、私たちの誠意を示すためにほかなりません。
20 私たちは、この献金の取り扱いについて、だれからも非難されることがないように心がけています。

これはどういうことかと言いますと、各地の教会で集めた寄付金を持って行くのに、襲われたり盗まれたりする危険もある。そこで各地の教会からそれぞれ代表者を選んで、パウロと同行した。『使徒の働き』を読みますと、一時期、パウロの同行者の人数が増えているのは、そのためです。それは、外部の敵、盗賊などの危険だけでなく、それをパウロがごまかして懐に入れるのではないか、という不信感をおこさえたりしないため、もちろん、良い働きに皆が参加したかったからでもあります。
熱意だけでは偏ることもある。お互いの信頼関係をしっかりと築くことも大事です。信頼関係が確かなら、協力もしやすいし、力や熱心が弱るときは、他の人が助けてくれる。これは聖書が教えている知恵です。教会は、一部の人だけが熱心だというのでは、その人たちが疲れ果ててしまう。それぞれは持てる力によって助け合い、支え合う。それを他の人も信頼して、任せたり、できることで助けたりする。この関係が培われていくとき、キリストのからだはより強固なからだとなって成長し、前進していきます。教会の質が高まると数も増える、ということを先日も月報の『いづみ』に書かせていただきました。神の国を建て上げるなら、それがキリストのからだの建設なのです。
人によって力やタイプは違いますが、そのような様々な人が力を合わせるのが、教会の素晴らしい点です。教会は牧師も信徒もお客さんではありません。ましてや、「お客様は神様だ」なんていう考えは、聖書に反しているのは明らかです。むしろ、だれもが同労者です。もちろん、最初は、誕生したてのクリスチャンがベテランの信徒と同じ事ができるかは難しい。でも子どもには子どもにしかできないことがあるように、教会に連なる人は誰もが持てる力によって神様に仕え、共に働く同労者なのです。23節。
23 テトスについて言えば、彼は私の仲間で、あなたがたの間での私の同労者です。兄弟たちについて言えば、彼らは諸教会の使者、キリストの栄光です。
24 ですから、あなたがたの愛と、私たちがあなたがたを誇りとしている証拠とを、諸教会の前で、彼らに示してほしいのです。

コリント教会の人たちに、テトスを、パウロ先生の同労者であり仲間だと紹介しています。他の兄弟たちも諸教会からの使者、教会の代表者だと紹介しているのも素晴らしいですが、もっとすごいのは、「キリストの栄光」と呼び、パウロは彼らを、また、あなたがた、コリント教会を誇りとしている。この信頼関係と愛による熱心がパウロだけでなく、他に人たちにも広まって行くのです。
まとめ.
コリント教会とパウロたちの働きを見てきましたが、私たちも同じです。自分の持っている力と、自分だけでなく他の人を信頼する。そのことを熱心にさせていただきましょう。私たちも神様の計画、神様のお働きに参加させていただけるのです。とは言っても、自分は何もできない、と思われる方もおられるでしょうか。確かに人によって、若い時にできることと、高齢になってできなくなること。でも年齢を重ねたからこそ、落ち着いて信仰をしっかりと持つなら、若い人たちの尊敬と模範となります。働きは様々ですが、お互いを信頼して、お互いに持てる力を出し合って、共に歩む教会とならせていただきましょう。

posted by ちよざき at 12:00| Comment(0) | 説教
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: